HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
税務調査
税務調査Q&A
調査の時期はいつ頃か?
税務調査の種類は様々
税務調査が来るときは・・
税務署がやって来たら・・
税務調査の対処法
税務証拠資料を整備しよう
税務調査のトラブルを防ぐ

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 税務調査 > 調査の時期はいつ頃か?
調査の時期はいつ頃か?

事業を営んでいる以上、いつかは税務調査を受けることになります。
日頃からきちんとした経営・経理を行っている方でも、税務署から調査の連絡が入ると、調査官との対応をどのようにしたらよいかわからず、何かミスをしていないかと、不安になるものです。

「備えあれば憂いなし」と言うように、税務調査に対する予備知識があれば、堂々と対応できると思います。

税務調査のために備えておくべき対応策を解説していきます。


 税務調査の時期はいつ頃か?
● 個人事業者の場合
 毎年、個人事業者の所得税は3月15日、消費税の申告期限は3月31日とされています。
税務署では、その申告書が提出される前に、青色申告者と白色申告者に区分し、さらに、売上階級別に仕分けたうえで、次の1〜4の資料を集め、申告者と照合しています。
〇申告書と照合する資料
1. 利子・配当・給料・家賃などの支払者からの「法定調書」

2. 各企業の協力により集めた商取引の「一般収集資料」

3. 税務調査官が実際の調査で集めた「実地調査資料」

4. 一人ひとりの個人情報
照合の結果、正しい申告が行われていないと思える場合は、電話や文書で説明を求め、修正申告や期限後申告となります。もしも、それに納税者が応じない場合は、事業所まで調査官が来て調査が行われます。
● 中小法人の場合

税務署では、法人を次のように区分けして税務調査を行っています。

継続管理法人 多額の不正が見込まれる会社
循環接触法人 不正に加担しているなど不審な点が多い会社など
周期対象除外法人 経営者や事業規模などに大きな変化があり、申告内容を解明する必要がある会社
一般には実地調査は4〜5年に一度ですが、継続管理法人は3年に一度、周期対象除外法人は10年近く実地調査が行われないケースもあります。

 

税務調査の種類は様々へ

トップページへ戻る


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved