HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
税務調査
税務調査Q&A
調査の時期はいつ頃か?
税務調査の種類は様々
税務調査が来るときは・・
税務署がやって来たら・・
税務調査の対処法
税務証拠資料を整備しよう
税務調査のトラブルを防ぐ

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 税務調査 > 税務調査の種類は様々
税務調査の種類は様々
 税務調査の種類は様々
 税務調査は、国税局の査察部(マルサ)が裁判所の許可を受けて行う調査(強制調査)以外は原則として任意の調査です。しかし、法人税調査ではその任意の調査は次のように段階的に厳しさが違っています。
○特別調査
税務署内での準備調査の結果、
多額の不正所得が見込まれる場合
事業規模が大きく実態把握が必要な場合
他の税務署や他の事務系統と連携を必要とする場合
取引先の不正に加担しているような場合

には、
長期にわたり実地調査が行われます。これを特別調査と呼びます。

○一般調査
特別調査にあてはまらない会社で、不振な点の解明や経営の実態把握、有効な資料の収集に重点をおいた調査を一般調査と呼びます。なお、調査の最中に多額の不正の疑いがあると、特別調査となります。

○書面照会による調査
申告書の内容に不審な点があっても、実地調査を行う必要がない場合は「お尋ね」という書面が税務署から送られてきます。これを「書面照会による調査」と呼びます。

○強制調査

巧妙な手口で多額の不正を犯した場合に行われるのが強制調査です。国税局の査察部、いわゆるマルサが行う調査で、突然調査官が来て裁判所の令状をもとに調査が行われます。

 

税務調査が来るときは・・・へ

トップページへ戻る


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved