HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
税金・経理Q&A
会社の税金・経理ポイント
夫婦・パートの税金
還付申告のポイント
生命保険付ローンで不動産
会員専用コンテンツ 
新会社法の変更のポイント
交際費課税の改正Q&A
役員給与の損金不算入
決算診断サービス
少額減価償却資産
非課税とされる給与
確定申告サポート
年末調整のポイント
両親を扶養にいれるには?
年末調整のやり直し
諸会費等の税務ポイント
確定拠出年金と税
同業者団体の負担金
変更契約書の印紙税
人材投資促進税制
役員と会社の建物賃借
交際費課税のポイント
附帯税を避けよう
退職金のココが知りたい
改正会社法のポイント
給与の税務ポイント
社員雇用のQ&A
源泉徴収のQ&A

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 税金・経理Q&A > 社員雇用のQ&A
社員雇用のQ&A

 新しく人材を雇い入れた場合、社会保険料の手続で困ることが多いと思います。そこで、今回は質問の多い項目についてQ&A方式でポイントを整理してみます。

question 社会保険の「被保険者資格取得届」には標準報酬月額を記入する欄があるのですが、どういう意味があるのですか?
answer  会社が毎月社員一人一人に実際に支給している給与(報酬、賃金、給与など名称の如何は問わない)を「報酬月額」といいます。

 社会保険は、原則として毎月一定の保険料を徴収し、保険事故(健康保険は、病気・ケガ・出産と死亡、厚生年金保険は老齢・障害と死亡)があったときに、その見返りとして、支払った保険料に応じた保険給付を受ける仕組みになっています。 

 したがって、各人の給与の支給総額に、保険料率を掛け保険料額を算出することが実態に即し望ましいのですが、毎月この作業を繰り返すのは事業主にとっても保険者にとっても大変煩わしいものです。
 
 そこで、等級を作り、一定の範囲に報酬月額をあてはめることにより、保険料の徴収や保険給付に関する事務の簡素化を図っています。
 これが、「標準報酬」といわれるもので、被保険者の資格取得時に行われるものを「資格取得時の決定」といいます。保険に関するすべての基礎になるのは、報酬月額ではなくこの標準報酬です。
question週給や日給の場合の報酬月額の決定はどのように行われるのですか?
answer  月給制・週給制・日給制・時間給制などの報酬月額は、次の方法で決定します。
1.月給や週給のように稼働日数に関係なく一定の期間で報酬が定められている場合

資格取得日現在の報酬月額をその期間の総日数(稼動日数ではありません)で割った額を30倍した額。
なお、週給制の場合、一度月給に算定し直し(一週間に支払われた給与の総額を7で割って一日分を算出し、30倍した額)標準報酬を決定します。
2.日給、時間給、稼高(出来高)または請負による場合

資格取得日の属する月の前一ヶ月前に、現にその事業所でその被保険者と同じような仕事に従事し、かつ、同じような報酬を受ける人の報酬額を平均したものが報酬月額となり、これに基づき標準報酬が決定されます。
1.と2.の方法で報酬の計算が困難な場合

その月の前一ヶ月間に、その会社で同じような業務に従事し、かつ同程度の報酬を受ける人の平均額が報酬月額となります。しかし、新たに採用した人の業務が、その会社では初めての業務のときには、その地方でその業務に従事し、かつ支払われている報酬の平均額が報酬月額となります。

つまり、その会社に基準となる報酬額がない場合は、その地方の基準額が報酬月額となります。
3. 前記1.〜2.までの二つ以上に該当する場合

固定給の他に稼高給などが支給される場合などは、それぞれ前記の方法により計算した額を合算したものが報酬月額となります。

question当社の給料の締めは毎月20日です。8月1日にに入社する社員の報酬月額はどのように決めればよいのでしょうか?
answer  報酬月額の支払の対象期間が21日から翌月20日までですと、8月分として現実に支払われる報酬は、通常は日割計算により20日分になると思われます。

 しかし、被保険者資格取得届に記入する報酬月額は、採用時以後初めて実際に支払う報酬月額ではなく、雇用契約を結んだときの給与総額(残業手当を含む)となります。

 20日分の給料で届け出てしまったり、あるいは残業手当などが予想外に多くなり標準報酬の等級が変わるほどの変動が生じた時には、資格取得時までさかのぼって標準報酬を訂正し、新たに標準報酬に基づく保険料を納付することになります。

question残業がある場合、資格取得時の標準報酬の決定はどのように行われるのですか?
answer  残業手当も報酬月額に含めます。しかし、入社時に正確に把握できるものではありませんので、目安額を含めることになります。

 なお、社皆保険の場合、届け出た目安額と実際の支給額とが大きく異なる場合は、「資格取得時報酬月額訂正届」を管轄の社会保険事務所または健康保険組合に提出し、
資格取得時までさかのぼり、まとめて保険料の差額を徴収されますので注意が必要です。

question

8月21日から社員を雇い入れます。当社は週休二日制を採っていて21日は土曜日に当たるため、出社するのは23日からとなります。
 
 この場合の資格取得日は21日になるのでしょうか?それとも初めて業務についた日(23日)になるのでしょうか?

answer 8月21日から雇い入れるということは、雇用契約により労働を提供すべき最初の日は8月21日と解されますので、社会保険、雇用保険とも8月21日に被保険者資格を取得することになります。


question  7月21日から採用することになっている人が急な手術の為、出社できるのは8月に入ってからになりそうだという連絡がありました。
この場合の資格取得日はいつになりますか?
answer 通常は社員を採用した日と被保険者資格を取得する日とは一致しますが、このように7月21日から勤務する日の前日までの間休職給等を支給する旨の定めがある場合は、7月21日から使用関係があるとみなされ7月21日に資格を取得します。

 ちなみに、新たに採用する人を、当初から自宅待機とするときは、雇用契約が成立し、かつ、休業手当等を支給する場合に、その休業手当等の支払の対象となった日の初日に資格を取得します。
■社員(パートを除く)を雇い入れたとき
  ○・・・要加入・提出
  ×・・・加入・提出不要

 

会社の税金・経理のポイント・Q&Aトップページへ戻る

事務所トップページへ戻る


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved