HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
相続・贈与&A
生前贈与Q&A
相続税の取得費加算
相続税の延納
財産分割されていない場合
生命保険金の相続税
遺族が受取る年金に税?
相続の基礎知識
相続争いを避ける方法
相続・贈与のQ&A

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 相続・贈与&A > 生命保険金の相続税
生命保険金の相続税

question 生命保険金に対する相続税はどのようになっていますか?

answer  被相続人の死亡により受け取った生命保険金については、本来の相続財産ではありませんが被相続人の死亡により受け取った生命保険金で、被相続人が負担した保険料に対応する部分については、「みなし相続財産」として、相続税の課税対象となります。
 この場合において、相続人が受け取った生命保険金については、

                 500万円 × 法定相続人の数

により計算した金額(すべての相続人が受け取った保険金の合計額の方が少ないときはその金額)が非課税とされています。この算式の法定相続人の数には、相続を放棄した者も含み、養子については実子がいる場合には一人、実子がいない場合には二人までカウントすることができます。

 なお、この非課税規定は、相続人に限って適用され、相続人でない者、相続を放棄した者、相続権を失った者に対しては適用されませんので注意する必要があります。

 

相続・贈与のポイント・Q&A トップページへ戻る

事務所トップページへ戻る


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved