HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
相続・贈与&A
生前贈与Q&A
相続税の取得費加算
相続税の延納
財産分割されていない場合
生命保険金の相続税
遺族が受取る年金に税?
相続の基礎知識
相続争いを避ける方法
相続・贈与のQ&A

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 相続・贈与&A > 財産分割されていない場合
財産分割されていない場合

question 相続財産が分割されていない場合、申告はどうなるのですか?

answer  相続税の申告と納税は、被相続人が死亡した日の翌日から10ヶ月以内に行わなければならないことになっており、たとえ相続財産が分割されていない場合であっても期限は変わりません。

 相続財産の分割協議が成立していないときは、各相続人などが
法定相続分などに従って財産を取得したものと仮定して相続税の計算をし、申告・納税することになります。

 この場合には、小規模宅地等の特例や配偶者の税額軽減の特例を適用することはできませんので、注意する必要があります。

 法定相続分による申告後に、遺産分割が行われ、その分割に基づいて計算した税額とすでに申告した税額とが異なるときは、修正申告または更正の請求をすることができます。

 なお、原則として法定申告
期限から3年以内に分割が行われた場合には、小規模宅地等の特例や配偶者の税額軽減の特例を適用することができます。

 

相続・贈与のポイント・Q&A トップページへ戻る

事務所トップページへ戻る


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved