HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
相続・贈与&A
生前贈与Q&A
相続税の取得費加算
相続税の延納
財産分割されていない場合
生命保険金の相続税
遺族が受取る年金に税?
相続の基礎知識
相続争いを避ける方法
相続・贈与のQ&A

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 相続・贈与&A > 相続税の延納
相続税の延納

question 相続税を現金で支払う事が難しそうです。なにか他の方法での対策はないのですか?

answer  相続税は原則として、金銭で一括納付することになりますが、一定の条件を満たす場合には、延納(年賦払い)が認められます。

 相続税を延納する為には、次の4つの条件をすべて満たし、所轄税務署長の許可を受ける事が必要です。

1.
 相続税額が10万円を超えていること

2.
 納期限までに金銭納付を困難する理由があり、金銭納付を困難とする金額の範囲内であること

3. 延納の申請書を申告期限までに提出すること

4. 延納税額に相当する担保を提供すること
   (延納税額が50万円未満で延納期限が3年以下である場合には不要)

延納期間は、相続によって取得した財産の種類や相続財産に占める不動産の割合に応じて、最長期間が5年から20年までの範囲内で定められています。

 

相続・贈与のポイント・Q&A トップページへ戻る

事務所トップページへ戻る


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved