HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
決算書の見方
キャッシュフローの見方
決算における貸借対照表と損益計算書の関係
損益と貸借の関係
貸借対照表の簡単な見方
重要な正味運転資金
損益計算書の構造
それそれの利益の意味
損益計算書の簡単な見方
決算書のポイント
決算書の活かし方を知ろう
銀行からの「格付」
連帯保証を廃止に。
決算書は3つの目がある
銀行は会社を見ています。
会社の「力」を知る
決算書がわかる6要素診断
6要素診断 [収益性]
6要素診断 [生産性]
6要素診断 [資金性]
6要素診断 [安定性]
6要素診断 [健全性]
お申込みの前に

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 決算書の見方 > 決算書のポイント
決算書のポイント
決算診断-会社の健康診断

決算診断とは

  − あなたの会社の経営状態を診断する
        年に1度の企業診断−

会社にとって、決算表の客観的な数字を数値に変えて会社の経営課題を把えることは大きな価値があります。
決算書を作成して、それを税務署に提出して、「はい、お終い」とする経営者が非常に多いのは、もったいない話です。
決算書は、納税額の計算のためだけにつくるのではありません。
では何故、決算書を社長によくわかっていただきたいのか?
会社の「利害関係者」である銀行や税務署も見ているからです。


彼らがどうみているか?「融資」と「調査」、「銀行」と「税務署」が自分をどうみているのかに全く関心のない経営者はいないでしょう。
そこで、自社の決算書を分析・評価して、自己診断を行い、早めの対策を講じることが必要になってきます。
決算書の分析は、年に1度の健康診断のようなものです。
診断結果から強みは伸ばし、弱みは克服する。
社長が自社の現状と問題点をつかむことができるのが、会社の健康診断:決算診断なのです。

決算コラム

銀行は融資先を「格付」しています!

保証協会は連帯保証を廃止する

決算書には3つの目がある!!

「銀行」は社長の会社をしっかり見ています。

会社の「力」を知る


決算診断について

決算書からわかる6要素診断

6要素診断〔収益性〕

6要素診断〔生産性〕

6要素診断[資金性]

6要素診断[安定性]

6要素診断〔健全性〕

決算診断のお問合せ・お申込みについて

会社の税金・経理のポイント・Q&Aトップページへ戻る

事務所トップページへ戻る


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved