HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
銀行融資
決算書と融資の関係
自社の格付けアップの方法
起業時の借入れポイント 
決算書のポイント
日本政策金融公庫編
第三者保証人不要の融資
使途の説明がポイント
保証料率が評価変動へ。
経営者の為の融資の知識
銀行との上手なつきあい方
資金調達の極意TOP

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 銀行融資 > 決算書と融資の関係
決算書と融資の関係
決算書と融資の関係

借入れと決算書の関係

 よほどの優良企業でない限り資金繰りに頭を悩ますものでしょう。飲食店のように「現金商売」であれば、運転資金で困ることはほとんどありませんが、「手形決済」を行っている会社の場合は、売上が計上されても、回収までに2ヶ月どころか4ヶ月、5ヶ月というのもよくある話です。
 
 また売上増加の為に設備を新装しようとしても、やはり資金が必要になりますよね。ここで銀行からの借入れの必要が出でくるわけです。


 しかし、銀行も一つの営利企業です。貸したお金が返済されなければ、銀行は一大事です。知り合いの社長に「お金貸してくれ!」と言われ貸した結果、返ってこないのと同じです。

 銀行は企業に貸し出しをして、金利をもらわなければ、従業員の給料や経費の支払い、株主への配当をすることができません。営利企業ですので、これでは銀行がお金を貸している意味がありません。

 ですので銀行としては、金利を多くもらおうとするよりも、「しっかりと返済できるかどうか」を見極めることが重要となります。



 では、どうやって「しっかり返済できる会社なのか」の見極めを行うでしょうか?



 知り合いの社長に「お金貸してくれ!」と言われても、よほどの信頼関係がなければ、そうそう貸せるものではないでしょうか?まして、見ず知らずの人に「貸して」と言われも、まず貸さないでしょう。

 つまり、よほどの信頼性がない限り、貸さないのが一般的です。


 銀行も同じです。営利で貸し出しを行っている限り、借りる会社が信頼できるかどうかが判断材料になります。社長、経理担当者の人柄や資質、経営理念、経営計画、これら全てが判断材料の一つですが、これらを銀行が把握する為には、相当の時間が必要です。

 長年、会社が銀行とつき合いがあるのであれば良いでしょうが、つき合いがない会社が借入れの申込みにきた場合は、何を判断材料にするでしょうか?

 答えは「決算書」です。「結局、決算書か!」と思われる社長も多いですが、これが現実です。銀行は、決算書の内容を見て判断するしかないのです。しかし、会社は銀行から借入れをしなければ意味がありません。

 そのために、経営者は決算書を知らなければならないのです。

 


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved